パソコン用WEBサイトはこちら

虫歯治療・歯内治療

「かむ」ための虫歯治療

虫歯をただ削って詰めるだけでなく、快適にかめるようにすることが、虫歯治療の本来の目的であるべきと考えています。当院で詰めもの(インレー)、被せもの(クラウン)での治療をおこなう場合、使う材料に関わらず、その患者さん本来の歯のかたちを取り戻すことを目標としています。

自費診療の必要性

当院では、保険診療と自費診療の両方を行っていますが、可能であれば、身体への負担が軽い、より安全な材料を使用する自費診療を受けることをおすすめしています。

虫歯治療での保険と自費の違いは、材料によるものです。材料以外の面では、差別なく最善の治療をおこなっていますが、長期間お口のなかに入れておく詰め物などには、アレルギーなどの原因になり得るものは極力避けるべきと考えています。
なるべく、人体に無害な金属(純チタンまたはタイプWという種類のゴールド)をお選びいただきたいのですが、残念ながら現状では保険が適用されません。

咬合診断

かみ合わせは、虫歯の原因を考えるうえで大きな要素となります。ご希望の方には咬合診断をおこない、虫歯になった根本的な理由を取り除く治療をいたします。
あまりにかみ合わせが悪い方、ご本人は気づいていなくても顎関節症が顕著な方に関しては、こちらから咬合診断をおすすめすることがあります。

歯科技工所へのこだわり

詰めものや被せものといった技工物は、確かな知識と技術力をもった歯科技工所に制作を依頼し、ハイクオリティーな技工物を患者さんに装着していただいております。
歯科技工所によって、料金やできあがってくる技工物の質はかなりの差があります。当院では、利益のために患者さんにしわ寄せがいくことがあってはならないと考え、値段よりも質を重視して技工所を選んでいます。

歯を残すための歯内療法

虫歯になった歯を抜かず残すことができるかどうかは、歯内治療(根管治療)にかかっています。

歯内治療(根管治療)とは、歯の根っこの治療です。歯髄まで虫歯が進行すると、神経をとならないといけなくなります。ここで、根管を形成し、繰り返し消毒、薬剤をつめる根管治療をきちんとおこなうことで、神経をとっても、歯を抜かずに自分の歯でかみ続けることができます。

歯を残すための歯内療法

歯を残すための歯内療法

歯内治療(根管治療)では、歯の根っこの先(根尖)までかたちをつくって消毒します。歯の根の形は複雑で、歯を抜いてみないと根の先がどこまであるのか確認することができません。
また、大変細かい作業が必要ですので、当院では、根管治療の際に拡大鏡、GTロータリースコープを使用し、できるだけ歯の根っこの先と、治療でつくる根管の先の誤差が少なくなるよう、慎重に治療を進めます。

歯を残すための歯内療法