パソコン用WEBサイトはこちら

不定愁訴にお悩みの方へ

不定愁訴とかみ合わせの関係

不定愁訴とは、体の不調があるのに、検査をしても原因がはっきりしない全身症状のことです。患者さんによってさまざまな症状があり、自律神経失調症などと診断されることもありますが、<かみ合わせの異常>も原因のひとつとして考えられます。

かみ合わせの異常によっておこる不定愁訴は、咀嚼に関連する筋肉の委縮や衰弱が痛みの原因です。かみ合わせのバランスが崩れると、初期接触(ほかの歯がかみ合う前に上下がかみ合ってしまうこと)などが原因で、脳が誤った指令を出して咀嚼筋を必要以上に緊張させたり、それによって下顎の位置が変わったりするために、咀嚼筋に関連する部位に痛みや不快感が生じます。

不定愁訴にお悩みの方は、痛みを感じる部位の治療を受けたけれど効果がなく、頭痛や肩こり、あごの痛みなど原因不明の症状長年苦しんでいることが少なくありません。これは、痛みを感じる部位が痛みの原因であるとは限らないために起こるのです。

咀嚼筋とトリガーポイント、関連痛

痛みの原因となる部位のことを「トリガーポイント」と言います。
かみ合わせに関する筋肉にはさまざまなものがありますが、それぞれにトリガーポイントがあり、関連して痛みを感じる部位も異なります。

ここでは代表的なものとして、咬筋と側頭筋のトリガーポイントと関連痛の分布をご紹介します。
青い×印がトリガーポイント、赤い点が痛みを感じやすい部位です。

咬筋

咬筋

側頭筋

側頭筋

かみ合わせ治療で改善した症状

かみ合わせの影響は、思わぬ症状となって現れることがあります。
以下の症状の全てが顎関節症によるものとは言えませんが、このような症状に苦しまれていた患者さんが、当院で開口マニピュレーションや、その他の治療を受けることで、多少なりとも不定愁訴が改善されたことは事実です。

顎・開口障害

口が開かない/顎が痛い/硬いものが食べられない/顎が疲れる、重い/顎がはずれたような感覚/咬んでも力が出ない

口の中

歯ぎしり/味覚障害/舌の痛み/唾液が飲み込めない/歯が浮いた感覚/歯がしみる/口の中に常に物が入っているような感覚

まぶしい/目が見えない/白目が灰色になる/目が充血する/オレンジ色の光が飛んでいるように見える/目の奥が鈍く痛い

耳が痛む/耳がかゆい/鼓膜からパカパカ音がする/難聴/耳鳴り/耳がひっぱられるような感触/耳に綿棒を入れたときに、左右で入り方が違う

嗅覚障害/鼻の通りが悪い/鼻の穴の片方におできができた/鼻の鈍い痛み

頭痛・偏頭痛/髪の毛がぬける/髪をひっぱられても痛くない/こめかみの痛み、こり/頭が乾燥する/湿疹ができる

頬骨のあたりがヒクヒクする唇が痺れる/オトガイ付近が痛い/広範囲を見るときにしかめ面になる/口が曲がっている

首・肩

首が回らない/寝違えやすい/首がずれている気がする/首が痛い、熱をもつ/首筋の疲労感/肩こり/肩にしこり/肩が痛い

背中・腰

猫背/肩甲骨のあたりがこる/肩甲骨の後ろの痛み・痺れ/背中の痛み/腰痛

手足

肘が痛い/手足がしびれる、冷える/手足に力が入らない、歩けない/ひざが痛い/足がふらつく、持ち上がらない/膝下に湿疹ができ、化膿する/足の裏の筋が痺れる

全身

体全体のバランスが崩れてきた/全身の筋肉が自由に動かない感覚/体が片方に向いてしまう/疲労感・倦怠感/体調の変動が激しい

精神

精神的にきつい/うつ状態/パニック障害/集中力の欠如/物忘れ/絶望感

その他の症状

吐き気/めまい/不眠/いびき/貧血/高血圧/頻尿/心臓の違和感/矯正治療後の不調/肌荒れ