パソコン用WEBサイトはこちら

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、進行すると歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまうおそろしい病気で、成人の約8割の方が感染しているといわれています。自覚症状がないまま進行することが特徴で、気付いたときには歯を失うことになっていたケースも少なくありません。
歯周病の原因となる菌は歯に付着した汚れ(歯垢)の中で繁殖します。初期であれば歯みがきでお口の中を清潔に保つことで改善することができますが、進行した歯周病は歯科医師による適切な治療が不可欠です。

歯周病の治療

歯周病の治療は、保存療法・再生療法・切除療法の3つに分かれます。西川歯科医院では保存療法を第一に、それでは改善の見込みがないと判断したものに関しては、再生療法を含む外科療法もおこなっています。

保存療法

比較的程度の軽いものに関しては、歯周ポケットの中の歯垢(プラーク)や歯石を除去する「歯周ポケット掻爬術」をおこないます。
保存療法治療後、お口のなかを清潔に保つため、正しい歯磨きの方法を身につけ、喫煙や食生活の習慣を見直すことで、歯周病の改善が期待できます。

再生療法(外科療法)

歯周病が進行すると、骨が溶けて失われます。この段階では、"なくなったものをつくる治療=再生療法"をおこなう必要があります。

GTR(組織再生誘導)

外科治療の際に、歯(歯根)と歯肉のあいだ(骨が失われた部分)に特殊な保護膜を挿入して歯肉の落ち込みを防ぎ、歯を支える歯槽骨、歯根膜、歯肉を再生させる方法です。

組織移植術

健康な歯肉が不足しているケースでは、上顎の健康な歯肉をもってくる「歯肉移植術」や「結合組織移植術」もおこなっています。

切除療法(外科療法)

歯周ポケットがある程度以上深くなってしまうと、口腔内の清掃や歯垢・歯石の除去だけでは十分に改善できず、歯周ポケットの部分の歯肉を切除する必要がでてきます。当院では、歯肉弁根尖側移動術やフラップ手術などの切除療法をおこなっています。

歯肉を切開します。

歯槽骨の頂上部分に、歯肉を縫いつけます。

術後4〜5ヵ月で、歯周ポケットの浅い、健康的な歯肉の状態になります

外科療法の選択について

保存療法では歯肉や骨が治る見込みがない状態で放置することは、人体にとって、とても悪いことです。しかし、外科療法を受けるのには抵抗があるという方は、少なくないと思います。
外科療法を選択しなくても治る見込みがあるのかどうか、歯科医師の実践に基づいた診断力が必要となります。西川院長はJIADS Club member として、2005年より毎月勉強会に参加し、適切な診断ができるよう、研鑽に努めています。

JIADS
http://jiads.org/

JIADSは、The Japan Institute for Advanced Dental Studiesの略で、米国・ボストンのIADSの姉妹組織として設立・運営されている歯周病、インプラント、補綴等の研修団体です。