パソコン用WEBサイトはこちら

総合歯科治療とは

理想的なかみ合わせのために

西川歯科医院のめざす総合歯科診療とは、顎生理学(gnathology)に基づき、患者さんの年代にそった"理想的なかみ合わせ"をつくることを目標としたものです。

快適なかみ合わせをつくるためには、咬合治療、虫歯治療、歯周病治療、インプラント、矯正治療など、さまざまな分野の技術が必要になります。もし、どれかひとつの分野の技術水準が低ければ、全体の歯科治療の水準は、その一番低い分野と同レベルになってしまいます。
総合歯科治療は、お口の健康をトータルで考える歯科診療です。当院では、高いレベルでの歯科治療を実現するために、すべての分野の技術向上に日々努めています。

お口の健康をトータルで考える

総合歯科診療は、よく"桶"にたとえられます。咬合治療、虫歯治療など、それぞれの診療分野は桶の立て板一枚一枚に相当します。
特定の診療分野だけに特化し、<専門性が高い>とうたう歯科医院もありますが、それは、桶の一枚の立て板だけが突出しているということに等しいのです。その桶に水を注いだらどうなりますか?

水は、桶の一番短い立て板の分しか溜めることができません。これを歯科治療に置き換えると、一番レベルの低い診療分野の医療サービスしか提供できないということです。少しでも多くの水を溜めるために、すべての立て板を少しでも長くしよう、というのが、総合歯科診療の考え方です。

顎生理学(Gnathology)に基づく治療

顎生理学(Gnathology)とは、咀嚼機能全体を研究し、実際の治療をおこなう学問です。

私たちは、咀嚼機能全体が正常に働くためには、顎関節、咀嚼するための筋肉や靱帯、歯のかみ合わせの3つの調和が不可欠であると考えています。
しかし、現在の日本の歯科診療では、歯牙および支持組織のケア(虫歯治療、歯周病治療)のみが重視されており、顎関節とかみ合わせについては、なおざりにされています。

顎生理学(Gnathology)に基づく治療

顎関節は、人体の真ん中(正中線)をまたいで、左右に連結している唯一の関節です。その特殊な関節を診断、治療処置できるのは歯科医師だけです。その歯科医師が、充分な知識や技術、経験を持っていなければ、顎機能全体の根本的な治療はできません。
西川歯科医院では、<咀嚼すること>を生体の特殊機能としてとらえ、顎生理学に基づいて、総体的観点からのアプローチをおこなっています。

顎機能のバランスが壊れたら?

人体は、とりまく環境が悪化したときに、機能をなんとか正常に保とうとします(適応)。しかし、適応には限界があり、環境の変化があまりにも大きい場合には、正常な機能を保つことをあきらめ、最大限の機能を守るために、人体は<代償>をはらわなければならないことがあります。

例えば、顎機能のひとつ"かみ合わせ"のバランスが崩れた場合には、顎関節の位置がずれたり、咀嚼のための筋肉や靱帯が緊張してしまい、顎関節症などをひきおこすリスクが高まります。

歯の詰め物(インレー)ひとつの不調でも、顎機能のバランスは崩れます。それらの不調を取り除き、快適なかみ合わせをつくることが、西川歯科医院の歯科治療です。